2010/12/15

Galleryの差し替え(バッテリー消費対策)

Last update ; 18/May/2011

バッテリーの状態を細かく確認出来るユーティリティをインストールしてAndroid 2.2.1以前のGalaxyのバッテリーの使用状況を確認してみると、「センサー」の項目でGalleryがバッテリーを大量に消費しています。


そこで、Spare Partsというユーティリティを使って、対策済みのGalleryに置き換えてみました。

■Spare Parts
http://jp.androlib.com/android.application.com-androidapps-spare_parts-qtm.aspx 

Webで検索してみると、他のアプリでも、バッテリーの消費が大きくなるバグが存在している様です。


Galleryの場合は、一度Galleryを起動すると、センサーがOnになったままになり、端末をリブートする迄センサーがOffにならないという報告が複数ありました。

対策として、SGS toolsというアプリを使って、修正済みのGalleryと置き換える事が出来る様なので、試してみました。

事前にroot化が必要です。

■root化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2010/11/root.html

■SGS Tools
http://jp.androlib.com/android.application.fr4gg0r-sgstools-jFtFx.aspx
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=775154&page=37

SGS Toolsを起動して、[Upgrade Stock apps][Modded 3D Gallery]から[I'v read the above text]をチェックして[OK]をクリックすると、オリジナルのGallery(Gallery3D.apkとGallery3D.odex)は「/sdcard/sgstools」内にバックアップされ、システム側には修正済みのGalleryがインストールされます。

     

オリジナルのGalleryに戻すときは、[Apply script][restore_gallery.txt]で戻すことが出来ます。(「/sdrard/sgstools」内に保存されているバックアップを消さない様にしておいてください。)


置き換えたGalleryではバッテリーの消費は抑えられている様です。


【注意】SGS Toolsを使うとシステムファイルの幾つかを置き換える事が出来ますが、端末のOSのバージョンやその他の環境により起動しない事があります。不具合が生じた場合、修復のために高度の知識が要求される場合がありますのでご注意ください。

追記 (18/May/2011) ;

Android 2.3.3 (Gingerbread)以降では、OS側で対策が採られた様で、上記症状は見られません。(韓国版のGalaxy S (shw-m110s)にて確認済み。)

0 件のコメント:

コメントを投稿