2011/04/06

MarketEnablerでSIM issuer codeを変更


Last update ; 21/May/2011

Androidマーケットからアプリをダウンロードしようとすると、地域やキャリヤの違いで、アプリをダウンロード出来ない事があります。

例えば、海外キャリヤのSIMを挿していると、日本では定番のアプリがダウンロード出来なかったりします。

そこで、Market Enablerを使ってSIM issuer codeを変更してみました。

【Galaxy S韓国版+SKテレコムSIMでダウンロード出来なかったアプリ】

■ATOKトライアル[docomo]
https://market.android.com/details?id=com.justsystems.atokmobile.trial.service&feature=search_result

■ぐるなび
https://market.android.com/details?id=jp.co.gnavi.activity&feature=search_result

■mixi
https://market.android.com/details?id=jp.mixi&feature=search_result

■乗換案内(jorudan)
https://market.android.com/details?id=jp.co.jorudan.nrkj&feature=search_result

■駅探★乗換案内
https://market.android.com/details?id=com.ekitan.android&feature=search_result

docomoのSIMに差し替えれば、これらのアプリもダウンロード出来ますが、海外キャリヤのSIMに戻してしまうと、マーケットのダウンロード履歴からも消えてしまいますし、自動更新も出来ません。

【Market EnablerでSIM issuer codeを変更】

Market Enablerを使ってSIM issuer codeを変更してみました。

Root化が必須です。

また、無償版では端末を再起動するとSIM issuer codeは元に戻ってしまいますので、リブート後は、都度、設定し直す必要があります。

■MarketEnabler
https://market.android.com/details?id=ch.racic.android.marketenabler&feature=search_result


各キャリヤのSIM issuer codeは以下のアプリで調べる事が出来ます。

■Market Enabler Codes (SIM issuer code 集)
https://market.android.com/details?id=lu.artou.marketenablercodes&feature=search_result


韓国や日本のキャリヤのSIM issuer codeは下記となる様です。

 SK Telecom  ; 45005
 LGT              ; 45006
 KT                ; 45002
 docomo         ; 44010
 Softbank    ; 44004
 eMobile     ; 44000
 KDDI      ; 44008

SIM issuer codeをdocomoに変更すると、海外版のSIMを挿したままでもdocomoの端末として認識され、PC版のMarketからのプッシュインストールも出来るようになります。



2 件のコメント:

  1. どうやら Play Store から消されたか、後悔中止したようですね。

    返信削除
    返信
    1. >かずや。さん

      ↓では、まだ、ダウンロードできるみたいです。

      https://code.google.com/p/market-enabler/
      http://me.rac.su/home

      削除