2012/03/15

アプリを使用したCustom Binaryダウンロード・カウンタのリセット



Last Update ; 22/Jul/2012

韓国版Galaxy S2(shw-m250s、SKテレコム版、Andriod 4.0.3にアップデイト済)で、アプリを使用してCustom Binaryのダウンロード・カウンタのリセットが出来る事を確認しました。

勿論、root化が必須です。

GalaxyシリーズではOdinからCustom Binaryを焼いた回数が記録され、端末の起動時に警告画面(黄色い△マーク)が出る様になります。



以前は、JIGを使ってこのカウンターをリセットする事が出来たのですが、最近のバージョンでは、ブートローダーが変更され、JIGでのリセットは出来なくなっています。

参考;JIGを使用した強制ダウンロードモードとカウンタのリセット
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.com/2011/11/jig.html

その為、ブートローダーを一時的に古いものに差し替える等の方策が採られて来ましたが、ブートローダの解析が進み、アプリでもカウンタをリセットする事が出来るようになりました。

TriangleAway v1.25
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?p=22463153

有料になりますが、マーケットからもダウンロード出来ます。

TriangleAway v1.25
https://play.google.com/store/apps/details?id=eu.chainfire.triangleaway&feature=search_result

使い方は簡単で、アプリを起動して"Reset flash counter"をクリックするだけです。


これで、カウンタがリセットされ、起動時の警告画面が出なくなります。

注)Galaxy S3の場合はbuild.propの書き換えが必要です。詳しくは以下をご参照ください。

Galaxy S3 LTEのCustom Binaryダウンロード・カウンタのリセット と完全初期化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2012/07/galaxy-s3-ltecustom-binary.html

0 件のコメント:

コメントを投稿