2013/05/02

韓国版Galaxy S4(shv-e300s)のroot化


Last Update ; 02/Jun/2013

韓国版Galaxy 4(shv-e300s、SKテレコム版)をroot化しましたので、その方法をご紹介します。

【注意】

韓国版Galaxy S4のApplication ProcessorはSnapdragon 600ではなくExynos 5410です。

GT-I9505(グローバル版LTEモデル)や米国版、日本版を含むSnapdragon採用モデルの場合はroot化に使用するファイルが異なります。

間違ったファイルを適用すると起動画面で無限ループとなり再起動不能となる場合があります。

また、root化するとキャリヤやメーカーの保証を受けられなくなる可能性があります。

試される際は、リスクを十分に理解し、オリジナルROMを事前に用意する等の準備をした上で、自己責任にてお願いします。

【準備】

1)以下のサイトから必要な2ファイルをダウンロードします。

i9500-cwm-recovery-6.0.3.2-2.tar
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2267820

UPDATE-SuperSU-v1.30.zip
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1538053

韓国版のGalaxy S4には、必ず、GT-I9500(Exynos 5410を採用したグローバル版3Gモデル)用のCWM Recoveryを使用してください。

2)Odin(ROM焼ツール)を用意します。

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2189539

上記サイトにはOdinの最新版(v3.07)もありますが、今回は旧バージョン(v1.85)を使用しました。

【2013年6月2日更新】

ファームウェアをME6(ビルド番号;JDQ39.E300SKSUAME6)、及び、ME7(JDQ39.E300SKSUAME7)にアップデイト後はroot化してもESファイルエクスプローラのrootエクスプローラ機能が使えません。(Busy box、AdAway、AnReboot、Titanium、Andromizer、Android Terminal Emulator、SGS Tools、SDKからのadb等は正常に動作します。)

有料にはなりますが、rootエクスプロラーは対応している様ですので、必要に応じてこちらを利用して下さい。

Root Explorer
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.speedsoftware.rootexplorer

【手順】

1)PC上でOdinを立ち上げ、"PDA"に "i9500-cwm-recovery-6.0.3.2-2.tar"をセットします。


2)Galaxy S4の電源を一旦切り、「"ボリュームDown"+"電源キー"+"ホームキー"」を押しながら起動し、download modeに入ります。

3)PCと端末(Galaxy S4)をUSBケーブルで繋ぎます。

4)Odin上で"Start"ボタンを押します。暫く待つと、書き込みが終わり、端末がリブートします。

5)端末の"/sdcard/"に"UPDATE-SuperSU-v1.30.zipをコピーします。

6)再び、端末の電源を切り、「"ボリュームUp"+"電源キー"+"ホームキー"」を押しながら起動し、recovery modeに入ります。

7)メニューから"UPDATE-SuperSU-v1.30.zip"を選択し、インストールします。

8)PlayストアからBusyBoxをインストールして起動し、BusyBoxをインストールします。

BusyBox
https://play.google.com/store/apps/details?id=stericson.busybox

【注意事項】

root化すると、[設定][その他][端末情報][ステータス][ステイタス]に「カスタム」と表示されてしまいますので、キャリヤやメーカーの保証を受けられない可能性があります。


TriangleAwayの最新版(v2.90)は動作しませんでしたのでbinary counterのリセットは出来ませんでした。

TriangleAway v2.90 - xda-developers

【万が一の場合】

root化に失敗した場合、オリジナルROMを焼き直すと復旧出来る場合があります。(download modeに入る事が出来る場合に限られます。)

韓国版のオリジナルROM(ファイル名;E300SKSUAMDK_E300SSKTAMDK_SKT.zip)は以下からダウンロード出来ます。

http://www.sammobile.com/

【その他の機種のroot化】

Nexus 7(Android 4.2.2)のroot化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/02/nexus-7android-422rook.html

韓国版Galaxy S3 LTEモデル(shv-e210s)のroot化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2012/07/galaxy-s3-lteshv-e210sroot.html

Galaxy S2 (Android 4.0.3)のroot化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2012/03/galaxy-s2-android-403root.html

5 件のコメント:

  1. こんばんは。
    SHV-E300Lでも同じようにROOTとれるのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      記事を読んで頂ければ判るように、上記方法はExynosを採用しているグローバル版3Gモデル(GT-I9500)用のCWMを利用しています。

      従い、同じExynosを採用しているE300Lでも上記方法でroot化可能と思われますが、当方の手元にLGU+版の実機がありませんので、検証出来ません。

      もし、失敗してもオリジナルロムを簡単に入手出来て元に戻せるのがGalaxyシリーズの特徴ですので、是非、自己責任でトライされて結果をお知らせください。

      削除
  2. Toshiさん。
    返信ありがとうございます。
    たったいまやってみたのですがodinスタート後リカバリーモードからsuper-suをインストールしてみたらエラーとなってしまいます。
    再起動後端末状態をみたらカスタムにはなっているのですがRootはとれていないようです。
    むずかしいですねえ。

    返信削除
    返信
    1. >匿名さん

      「カスタム」と表示されるのはCWMのカスタムリカバリーに変更しているからです。

      「カスタム」と表示されているからと言って、root化されているとは限りません。

      逆に、unrootしても、カスタムリカバリーを使用している限り、「カスタム」と表示されたままです。

      「エラー」というのは何をした時にどの様なエラーが出るのでしょうか?

      エラー表示等を具体的に書いて頂くと判るかも知れません。(300L=LGU+版が手元に無いので自信はありませんが。)

      また、OSのバージョンもご確認ください。本日時点の最新のOSはMEAです。

      削除
    2. 煌くんのパパ2013/06/21 10:16:00

      E300Lでも問題なくroot化及びカスタムカーネル起動可能です。
      自分の環境はME7でした。
      これからMEAへアップ予定です…

      削除