2013/11/02

常にバックグラウンドで起動してRAMやバッテリーを消費しているアプリをGreenifyで休止


Last Update ; 22/Nov/2015

Greenifyを使用すると、常にバックグラウンドで起動してRAMやバッテリーを消費しているアプリを休止して、端末の動作がモッサリするのを防止したりバッテリー消費を抑制したり出来ます。

OSの標準機能でも、一部の不要なアプリを無効にしたり、バックグラウンドの通信を制限したりする事は出来ますが、「たまに使うので無効化は出来ないがバックグランドで勝手に起動するのを止めたい」という場合にはGreenifyが有効です。

Greenify *ROOT: Renew my Phone
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.oasisfeng.greenify

(参考)Galaxy Note 5でroot化前の標準状態で削除や無効化したプリインストールアプリ
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5root.html

(参考)Galaxy Note 5の不要なプリインストールアプリをスクリプトで一括無効化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5_22.html

(参考)モバイルデータ使用時のバックグラウンドでの通信を制限しているアプリ
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/09/blog-post.html

Greenifyならば、一般的なタスクキラーで発生する”cat-mouse-game”(起動とKillの無限ループによる端末のパフォーマンスの低下とバッテリー消費)の心配はありません。

Greenifyに登録されたアプリは、通常通り起動して使用することは出来ますが、バックグラウンドに回って暫くすると自動的に休止し、[アプリケーション管理][実行中]にも表示されなくなります。

但し、ver 1.95時点ではこの間隔をユーザーが設定する事は出来ませんし、設定機能を実装する計画も無いそうです。

無料版ではシステムアプリを休止させる事は出来ませんが、有料版を購入するとシステムアプリも休止する事が出来ます。

バックグラウンドでの常時起動が必要なシステムアプリを休止させると重大な問題が生じる場合がありますので、十分注意して自己責任で使用してください。

【設定方法】

右下の「+」ボタンを押して「アプリ分析」画面に入り、休止させたいアプリを選択(複数選択可)して、右上の「レ」マークをタップすると休止アプリリストに登録されます。


OS側で[アプリケーション管理][実行中]を確認し、その中にバックグラウンドに回ったら休止させたいアプリがあれば、それをGreenifyに登録するとよいでしょう。

【Greenify対象アプリ(例)】

 @Nifty News
 CACHATTO
 CACHATTO Launcher (自作アプリ)
 ES ファイルエクスプローラ
 Excel
 Expedia
 Galaxyアカウント
 Google Search(自作アプリ)
 Polaris Office
 PowerPoint
 RAM管理(自作アプリ)
 Running Record(自作アプリ)
 SKT Hidden Menu(自作アプリ)
 System File Recovery(自作アプリ)
 System File Remover(自作アプリ)
 Twitter
 URL Shortener
 WiFi(自作アプリ)
 Word
 WPS Office (Kingsoft Office)
 アカウント(自作アプリ)
 ぐるなび
 アプリケーション管理(自作アプリ)
 TV番組表
 データ使用量(自作アプリ)
 バッテリー管理(自作アプリ)
 乗換案内
 翻訳
 開発者向けオプション(自作アプリ)
 韓国の地下鉄情報HD


0 件のコメント:

コメントを投稿