2014/04/22

SKテレコムのLTE-AとブロードバンドLTE


2014年4月21日の韓国内各紙は、SKテレコムがLTE-Aサービス(Band3とBand5のCarrier Aggregation)を首都圏と主要広域市で事前の予告無しに中止し、ブロードバンドLTE(Band3 20MHz)に一本化したと報じました。

これを受け、「LTE-A端末購入者は無駄な投資を強いられた」と問題視する記事が多数掲載されています。

しかし、調べてみると、確かに、ブロードバンドLTE導入によりLTE対応端末の最大通信速度(ダウンロード)は従来の75Mbpsから100Mbpsに向上していますが、LTE-A対応端末の場合はLTE-AでもブロードバンドLTEでも150Mbpsであり、ブロードバンドLTEの導入により両者の差は縮まってはいるものの、LTE-A対応端末の優位は保たれています。

■SKテレコム最大通信速度(ダウンロード)
  Band3/Band5 10MHz Band3 20MHz
LTE対応端末 75Mbps 100Mbps
LTE-A対応端末 150Mbps 150Mbps

ブロードバンドLTEの方がLTE-Aよりも高効率で、端末側にとっても省電力な為、LTE-A対応機種の場合は、ブロードバンドLTEがサポートされている地域では、LTE-AよりもブロードバンドLTEが優先されるとの事なのですが、当方の環境では、ブロードバンドLTEがサポートされている地域で"SKT Hidden Menu"で"LTE ALL"や"LTE B3 Preferred"に設定(注1)しても、"ServiceMode"で確認(注2)すると、"B5"(Band5)で繋がってしまっていますので、強制的に"LTE B3"(Band3)を選択しておいた方が良いのかも知れません。


(注1)下記アプリで[SKT Hidden Menu List][Network Setting][1.Network mode]と進んで下さい。


(注2)電話アプリで"*123456#"と入力してください。


0 件のコメント:

コメントを投稿