2015/09/04

Galaxy Note 5(SM-N920S:韓国SKテレコム版)レビューとカスタマイズ内容のメモ


Last Update : 24/Oct/2015

Galaxy Note 5(SM-N920S : 韓国SKテレコム版)を購入しましたので、製品とカスタマイズの概要を簡単に報告します。

■購入機種と価格及び加入プラン

韓国版のGalaxy Note 5にはキャリア別に3種類あります。

・SM-N920S : SKテレコム版
・SM-N920T : KT版
・SM-N920L : LG U+版

色は、黒、白、ゴールドの3色で、フラッシュ容量が32GB版と63GB版がありますが、今回購入したのは、SKテレコム版(SM-N920S)の32GB、ゴールドです。


機種変更での端末価格は899,800ウォンでしたが、24ヶ月縛りの割引で821,600ウオン。

プランは、前機種と同じ、通話:100分/月、Data:3GB/月で41,000ウォンの安いプランにしました。

COEX内にあるSamsung dilight shop(サムスンの直営店)で機種変更の手続きをしましたが、代理店ですともっと端末の値引率が高いかもしれません。(その代わり、高いプランに加入させられたりする場合があります。)

■同梱品

この機種は裏蓋が外せませんので、従来機種に付属していた交換用のバッテリーや充電機能付きバッテリーケース等は付属しません。

充電器とケーブル、ヘッドホン、SIM取り出し用のツール、Sペンのペン先の予備パーツだけが付属します。


■端末情報

購入当初からAndroidのバージョンは5.11で、ビルド番号はOG1(15年7月の最初のビルド)でした。

電源を投入するとスグにOTAが降ってきて、ビルド番号がOH4(15年8月の4番めのビルド)のファームウェアにアップデイトされました。


■ベンチマーク

AntutuとQuadrantのベンチマーク値は以下です。

ここまでくると、もう、端末の動作スピードには全く不満はありません。(オーバースペック?)


■RAM

全てのスペックがハイエンドな端末ですが、特にRAMが4GBあるのは心強いです。

しかし、不要なアプリを削除や無効化し、Greenifyでの休眠等を行っても、日常よく使うSNSアプリ等を常駐させて使っていると、RAMの空き容量は1.3GBになってしまいます。(標準インストールされている"スマートマネージャー"で”全て終了”すると空き容量は1.8GB迄増えます。)

快適な動作の為にキャッシュを多めにとる設定になっているのだと思いますが、システムアプリが使用する容量が多くなっている気がします。


■バッテリー容量

裏蓋が外せずバッテリーが交換不能な機種で3000mAhという容量は十分なのかが気になるところです。

内製のExynosシリーズのApplication Processorやモデムの消費電力がQualcommのSnapdragonシリーズと比較してどうなのか...

試しに、省電力モードでWiFiを切ってLTEの待ち受け状態で5時間半程放置してみたところ、バッテリーは100=>98%に減っていました。

待機時のバッテリー消費は少ないようです。


■プリインストールアプリ

最近の韓国のスマートフォンは、政府の指導もあり、プリインストールアプリの数が減り、プリインストールされているアプリも、設定メニューから無効化出来たり、ユーザアプリとしてインストールされていてアンインストール(削除)出来る物が多くなっています。(これらのアプリは削除してもPlayストアやGalaxy Appsから再インストール出来ます。)

無効化やアンインストール(削除)は"設定"=>"アプリケーション"=>"アプリケーション管理"=>"全て"から行います。


Galaxy Note 5でroot化前の標準状態で削除や無効化したプリインストールアプリ
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5root.html

■Root化

Adaway、App Ops、ESファイルエクスプローラ、Tasker、Titaniumや幾つかの自作アプリを使いたくて、Root化しています。


Root化の手法については以下の記事をご覧ください。

Galaxy Note 5のRoot化(SM-N920S : 韓国SKテレコム版)
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/09/galaxy-note-5rootsm-n920s-sk.html

■Root化後にスクリプトで一括で無効化したシステムアプリ

不要なシステムアプリはRoot化後にスクリプトを使用して一括で拡張子を書き換えて無効化しました。

Galaxy Note 5の不要なプリインストールアプリをスクリプトで一括無効化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5_22.html

■カメラの無音化

従来機種同様、カメラアプリを解凍して、中の音源ファイルをを無音ファイルに置き換えて、かつ、システムの側のファイルを幾つか無効化する事で、カメラアプリを無音化する事が出来ます。(Root化必須。)

Galaxy Note 5のカメラの無音化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5_23.html

■標準ブラウザのメニューに終了オプションを追加

下記の方法で標準ブラウザのメニューをカスタマイズしています。

Galaxyの標準ブラウザのメニューに終了オプションを追加
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/11/galaxy.html

■Greenifyで一部のアプリを休止

Greenifyを使用して常にバックグラウンドで起動しているアプリを休止しています。

常にバックグラウンドで起動してバッテリーを消費しているアプリをGreenifyで休止
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2013/11/greenify.html

6 件のコメント:

  1. 韓国在住ですか?韓国でnote5を購入したいと思っていますがdocomoのSIMカードで使えるでしょうか?あとSペンは日本語書きをちゃんと認識してくれるでしょうか?日本語ロケールでいくつか中華フォントが出るそうですが普通に使うので不便はないでしょうか?自分で調べてSKとKTモデルは日本でも使えるようですがグローバルモデルに比べて周波数が少ないようなのですが使えるでしょうか?わかる範囲でいいので教えてください ながながすいません

    返信削除
    返信
    1. >kazuさん

      1)周波数他

      韓国で販売されている携帯は原則SIMフリーです。

      当方が使用しているSM-N920S(SKテレコム版 Note 5)も購入時からSIMフリーで、下記周波数に対応しています。(SKT Hidden Menuで確認済)

      WCDMA : 850/1900/2100
      LTE : B1/B2/B3/B5/B7/B8/B17/B20/B26/B38/B39/B41

      一方、docomoの周波数は下記です。

      WCDMA : 800/1800/2100
      LTE : B1/B3/B19/B21

      従い、周波数的にはdocomoに対応しています。

      docomo回線を利用したMVNOのb-mobileのSIMで動作確認済です。

      docomoはプランやAPNに依ってIMEI規制を行っていましたが、現在は解除されたとの情報もあります。当方は未確認です。

      http://gadget.xinroom.net/apn-spmode-unlimit-imei/

      2)Sペン

      Sペン関連アプリは端末購入直後から無効化して一度も使用していませんので判りません。

      職場ではNote比率が非常に高く、フロアに50台くらいはあると思うのですが、Sペンを使っているのを見たことがありません。

      Galaxy Note 5の不要なプリインストールアプリをスクリプトで一括無効化
      http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5_22.html

      3)フォント

      CJKフォントは、当方は気になりませんが、「直」の下の「L」の部分が「一」になっていたりはします。

      気になるのでしたら、Flipfontを使用されれば良いと思いますが、システムフォントを変更しても、標準ブラウザ等のアプリ内蔵フォントを使用しているアプリのフォントは変更されませんので、余計、気になるかも知れません。

      削除
  2. 失礼いたします。とても参考になりました。
    質問させてください。
    『韓国で販売されている携帯は原則SIMフリー』であることがわかり、日本のMVNOで使用可能なのことはわかりました。
    では、韓国のスマホを購入し、日本国内でMVNOのSIMを使用でテザリングは可能でしょうか?
    ご返答お願い致します。

    返信削除
    返信
    1. Unknownさん
      端末側はWi-Fi、Bluetooth、USBの3種のテザリングに対応しています。
      お使いのMVNOのキャリアとプラン次第ですが、現在お使いの端末とMVNOのSIMでテザリングが出来ているのでしたら、韓国版のGalaxy Note 5でも問題なくテザリング出来る筈です。
      (勿論、LTEの周波数が合うことが前提条件になりますが。)

      削除
  3. Toshiさん

    テザリングの件、ご返答ありがとうございました。
    早速、韓国版Galaxy S6を購入しMVNOのsimでテザリングをできるか試したところ、見事にテザリング可能でした。

    また、新たな疑問が発生しました。
    もしおわかりでしたら、お答えいただければ幸いです。

    Galaxy S6の国際版(ドイツモデル)と香港版、韓国版、国内版(ドコモモデル)の4機種を購入してみました。
    韓国版と国内版に関して起動直後、ソフトウェア更新なる表示がでてきます。(※設定-端末情報-ソフトウェア更新-自動更新『OFF』にしています。)
    国際版と香港版ははじめからSIMフリー機種であるからなのか、そのような表示はでてきません。
    国内版はドコモモデル、韓国版はKTモデルであることから、一企業から製品をだしている関係から、MVNOを使用している場合においては、OSのヴァージョンアップデートはできないのでしょうか?ご返答いただければ幸いです。

    返信削除
    返信
    1. Bjorkさん
      同じS6でもキャリアに依ってOSのアップデイトの頻度や内容、バージョン名(番号)は異なりますので、各機種をUSBケーブルでPCと繋いでSmart Switchで最新のバージョンかどうかを確認してみてください。
      最新のソフトウェアのバージョンをwww.samsung.com、www.sammobile.com、samsung-updates.com、www.matcl.com等で確認されるのもよいかと思います。
      なお、root化しているとOTAでのバージョンアップは出来ませんので、Smart Switchを使用するかODINからROMを焼いて下さい。
      (ODINを使うとKNOXカウンターがVOIDになってしまいますので注意して下さい。)

      削除