2016/06/24

arter kernelがNote 5を再サポート


暫くの間Note 5のサポートを休止していたarter kernelがVer 20.0から再びNote 5をサポートするようになりましたので、早速、韓国版のNote 5(SM-N920S、SKテレコム版)に焼いてみました。

同時に、root化とroot化チェックアプリ対策も行いました。

[事前準備]

以下のファイルを事前にダウンロードしておきます。

■arter kernelと専用リカバリー


http://arter97.com/browse/exynos7420/kernel/20.0/n920skl/
Kernel : arter97-kernel-n920skl-20.0.zip
リカバリー : arter97-recovery-n920skl-20.0-twrp_3.0.2-0.tar.md5

注)お使いの端末に合ったkernelを使用して下さい。間違えると端末がbootしなくなります。

■SuperSU


http://forum.xda-developers.com/apps/supersu/2014-09-02-supersu-v2-05-t2868133
BETA-SuperSU-v2.74-2-20160519174328.zip

注)alter kernelを使用する場合は必ずv2.68+以降のバージョンを使用して下さい。

■Xposed installerとSamsung Marshmallow用のパッチ


http://forum.xda-developers.com/xposed/unofficial-xposed-samsung-lollipop-t3180960
Installer : XposedInstaller_3.0_alpha4.apk
パッチ : xposed-v85.1-sdk23-arm64-custom-build-by-wanam-20160530.zip

注)Samsungの Lollipop/Marshmallow端末上でXposedを使用する場合は上記パッチが必要です。機種やOSのバージョンによって使用するファイルが違いますので注意してください。

■Odin


http://odindownloadxda.com/
Odin3_v3.10.7.zip

[インストール手順]

0) 端末のOEM Unlock解除を有効にしておきます。
1) alter kernel / SuperSU / Xposed用パッチを端末にコピーします。
2) Xposedインストーラを端末にインストールします。
3) 端末をダウンロードモード("電源+ホーム+ボリュームダウン"で起動後、"ボリュームアップ")で立ち上げます。
4) 端末とPCをケーブルで繋ぎます。
5) PC上でOdinを立ち上げ、リカバリーを"AP"にセットして焼きます。
6) 端末をリカバリーモード("電源+ホーム+ボリュームアップ")で立ち上げ、SuperSUファイルを選択して焼きます。
7) 同様に、リカバリーからXposed用パッチを焼きます。
8) 必要に応じて、Busy Boxをインストールします。
9) XposedインストーラでXposedフレームワークをインストールします。
10) Xposedインストーラのダウンロードメニューから「RootCloak」をダウンロードして有効にします。
11) RootCloakにアプリを登録します。

[カスタマイズ]

Root化後に以下のカスタマイズを行いました。

Galaxy Note 5の不要なプリインストールアプリをスクリプトで一括無効化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5_22.html

Galaxy Note 5のカメラのシャッター音のOn/Off
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2016/05/galaxy-note-5onoff.html





0 件のコメント:

コメントを投稿