2016/11/15

Galaxy Note 5(SM-N920S)ファームウェアアップデイト(PH3=>PJ3)


韓国版Galaxy Note 5(SM-N920S、SKテレコム版)のファームウェアのアップデイトが配布されました。

更新内容は以下との事です。(機械翻訳)

・アイコンの形と色をシンプルでスムーズに改善、アイコン間の一貫性を強化
・画面の光を調節することができるブルーライトフィルター機能を提供
・スマートマネージャーの機能強化(「デバイス管理」でウィジェット名称変更)
・ゲームランチャー適用

旧バージョン:PDA:PH3 / CSC:PH3 / PHONE:PH1
新バージョン:PDA:PJ3 / CSC:PJ3 / PHONE:PI1


アップデイト後に、アップデイト前に使用していたNote 5用のxposed(xposed-v86.0-sdk23-arm64-custom-build-by-wanam-20160709.zip)を焼くと、ブートループになってしまいます。

ブートループになったら、「ボリュームUP+ボリュームDown+電源」長押しで電源を切り、「ボリュームDown+ホーム+電源」長押しでダウンロードモードに入り、OdinからStock ROMを焼き直せば元に戻ります。

従来は、rootチェックを回避するために"xposed + RootCloak"を使っていたのですが、代替として、SuperSUの作者のChainfire氏が作成しているsuhideを使うことにしました。

しかし、suhideを使う場合はSuperSUをsystemless modeで使うことになりますので、Tasker Plug inのSecure Settings等のsystemless modeに未対応のアプリは使えなくなります。

その為、Taskerで作った自作アプリを作り直す等、少し手間が掛かりました。

更新後に以下のカスタマイズを行いました。

■root化とrootチェックアプリ対策

suhideを使用してroot化済端末でrootチェックアプリを使う
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2016/11/suhiderootroot.html

■不要なシステムアプリの無効化とカメラの無音化

不要なシステムアプリはroot化後にスクリプトを使用して一括で拡張子を書き換えて無効化しました。

Galaxy Note 5の不要なプリインストールアプリをスクリプトで一括無効化
http://galaxy-shw-m110s.blogspot.kr/2015/10/galaxy-note-5_22.html




0 件のコメント:

コメントを投稿