2016/11/15

suhideを使用してroot化済端末でrootチェックアプリを使う


suhideを使ってrootチェックを回避する方法です。(systemless modeでroot化するところから書きます。)

韓国版Galaxy Note 5(SM-N920S、SKテレコム版)のファームウェアをアップデイト(PH3=>PJ3、共に6.0.1)したところ、Note 5用のxposed(xposed-v86.0-sdk23-arm64-custom-build-by-wanam-20160709.zip)が使えなくなりました。

従来は、rootチェックを回避するために"xposed + RootCloak"を使っていたのですが、代替として、SuperSUの作者のChainfire氏が作成したsuhideを使うことにしました。

注1) Android 6.0以降が必須です。

注2) SuperSUをsystemless modeで使うので、Tasker Plug inのSecure Settings等systemless modeに未対応のアプリは使えなくなります。

参考) PJ3にxposedを焼くとブートループになります。ブートループになったら、「ボリュームUP+ボリュームDown+電源」長押しで電源を切り、「ボリュームDown+ホーム+電源」長押しでダウンロードモードに入り、OdinからStock ROMを焼き直します。

[準備する物]

a) suhide

[2016.10.10] suhide v0.55 [EXPERIMENTAL/UNSUPPORTED]
http://forum.xda-developers.com/apps/supersu/suhide-t3450396
suhide-v0.55.zip
suhide-rm-v0.51.zip<=suhideアンインストール用のZIP

suhideにはGUIがありませが、簡単なGUIを提供するアプリが3rd Partyから出ています。

suhide GUI
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.loserskater.suhidegui

b) SuperSU

[BETA][2016.11.03] SuperSU v2.78 SR3
http://forum.xda-developers.com/apps/supersu/2014-09-02-supersu-v2-05-t2868133
SR3-SuperSU-v2.78-SR3-20161103171345.zip

SuperSUは2.78 SR1以降を使う必要があります。

c) TWRP(カスタムリカバリー)

TWRP 3.0.2-0 TeamWin Recovery Project 4/5
http://forum.xda-developers.com/note5/orig-development/twrp-2-8-7-0-official-t3195262
https://twrp.me/devices/samsunggalaxynote5.html
twrp-3.0.2-0-noblelteskt.img.tar

TWRPは3.0.2以降が必要です。機種やOSのバージョンに合ったものを使ってください。

d) Odin(PC側)

Odin
http://odindownloadxda.com/
Odin3_v3.12.3.zip

[手順(含再root化)]

注)Odinからカスタムリカバリー等を焼くとKNOXが無効になります。端末の修理等でも不利益を被る事があります。自己責任でお願いします。

1) 端末のOEMロックを解除し、USBデバッグを有効にしておきます。設定は開発者向けオプションから行います。開発者向けオプションは[設定][端末情報][ソフトウェア情報]の[ビルド番号]を連打すると有効になります。

2) 端末に下記をコピーしておきます。

SR3-SuperSU-v2.78-SR3-20161103171345.zip
suhide-v0.55.zip
suhide-rm-v0.51.zip

3) 端末の電源を切り、「ボリュームDown+ホーム+電源」長押しでダウンロードモードに入り、端末とPCをUSBケーブルで繋ぎます。

4) OdinのPDAに下記をセットして焼きます。

twrp-3.0.2-0-noblelteskt.img.tar

5) 端末の電源を切り、「ボリュームup+ホーム+電源」長押しでカスタムリカバリーを起動し、下記を焼きます。

SR3-SuperSU-v2.78-SR3-20161103171345.zip
suhide-v0.55.zip

6) 必要に応じて、Busyboxをインストールします。(suhideを使用するだけなら不要。)

Busybox
https://play.google.com/store/apps/details?id=stericson.busybox

7) 端末を再起動したら、Playストアからsuhide GUIをインストールします。

8) suhide GUIを起動し、rootチェックを回避したいアプリを選択します。アプリの選択はUIDかProcess Nameの何れかから行います。


注)suhideをアンインストールしたい場合は、リカバリーからsuhide-rm-v0.51.zipを焼きます。




0 件のコメント:

コメントを投稿