2011/11/10

GPSの仕組みと補助機能について



スマートフォンのユーザの皆さんから、

1)GPSが使えない
2)誤差が大きい
3)全く別の場所が表示される
4)3GやWiFiをOnにしないとGPSが働かない

というクレーム(悩み相談?)が多いのですが、基本的な点で誤解が多い様ですので、GPSの基本についてまとめておきます。

1)GPSが使えない

GPSは衛星からの電波が直接届く屋外でなければ使えません。

車のナビゲーションも同じで、トンネル内やビルの谷間では精度が悪くなります。

その為、車のナビゲーションではジャイロや車速検出等でGPSを補助しています。

スマートフォンの場合も、GPSを補助する為に、携帯電話の基地局情報やWiFiの位置情報を併用する事が出来ます。

これらの補助機能を有効にしていない場合は、屋内での測位は出来ません。

また、スマートフォンのGPSは、捕捉する衛星の数が少ないので、GPS単体で測位した場合の精度は、車のナビゲーションより悪くなります。

2)誤差が大きい

GPSの電波が捕捉出来ない場合に備え、スマートフォンは、携帯電話の基地局情報やWiFiの位置情報を併用する事が出来ます。

しかし、基地局情報は、データ自体の精度は高いのですが、一つの基地局がカバーする範囲が広い為に、ピンポイントでの位置検出では誤差が生じます。

現在位置に数百メートルの誤差がある場合は、GPSで捕捉出来ておらず、基地局情報のみで測位しているのではないかと思われます。

3)全く別の場所が表示される

スマートフォンでは測位にWiFiの位置情報も併用する事が出来ます。

理論的には、WiFiの電波の到達範囲の方が3Gの基地局のカバーエリアよりも狭い為、WiFiの位置情報の方が精度が高い事になります。

しかし、WiFiの位置情報は、キャリヤのデータベースに基づく携帯電話の基地局情報とは異なり、実測で集積された物で、基地局の移動等により、実際の位置とは大きくずれた結果を示す事があります。

現在位置が数百キロも大きくずれたという様なケースでは、こうした事が影響していた可能性があります。

4)3GやWiFiをOnにしないとGPSが働かない

ここまでの説明で判る様に、Webで良く見掛ける「3GやWiFiをOnにしたらGPSが働いて測位出来た」と言うチップスは、事実とは異なります。

3G/WiFiをOnにする事によってGPSの感度が上がるという論理的根拠はなく、単に、GPSで測位出来ない場所で、基地局情報やWiFiの位置情報を使った補助機能で測位出来ただけだと考えられます。

4 件のコメント:

  1. GPS即位では時間がかかてしまうことがあるため、そのときにwifi、基地局測位を使って初回の位置を算出するというのは聞いたことがあります。
    GPSありきの考えではありますが

    返信削除
    返信
    1. >敦具志さん

      その通りです。上記4)のケースに該当しますね。

      削除
  2. I was recommended this blog by my cousin. I'm not sure whether this post is written by him as nobody else know such detailed about my trouble. You are amazing! Thanks!

    My website: GPS Tracker

    返信削除